鉄分を増やす治療をしよう

ヘモグロビン

身体に必要不可欠となっている成分

身体に必要な成分には様々なものがありますが、鉄は酸素を体中に運ぶためにもとても重要になってきます。そのため、健康診断でもヘモグロビン値を調べることが多いです。これほど身体に重要な成分であるにも関わらず、体内の鉄分量が不足している人が多くいます。もしあなたが不定愁訴に悩んでいるというのであれば、鉄分が不足している恐れがあるので注意しましょう。

悩む女の人

出血が原因となって鉄分は不足する

鉄欠乏性貧血という貧血がありますが、これは特に女性に気をつけてほしい貧血となっています。どういった貧血なのかというと、出血が原因で鉄分が失われ続け、それが補給されないことによって生じてしまうものです。不正出血などが原因で、月経が多い人は特に出血によって鉄分が失われやすいので、気をつけて生活をしなければいけません。病院での治療に加え、生活習慣を変える努力が必要です。

簡単に貧血体質を改善できる方法がある!

鉄欠乏性の場合、原因が鉄分の不足で在ることが明確に分かっています。ですから、この状態を解消するには鉄分を補給することが第一です。ただ、鉄分を補給すると言っても効率よく吸収しなければ意味がありません。ここで、実際に鉄欠乏性貧血で悩んでいた人達が解消したおすすめサプリの摂取方法を見てみましょう。

サプリで鉄欠乏性貧血を解消した事例

ヘム鉄配合のサプリが良かった!

鉄分はとても吸収しにくいと聞いたので、サプリでも特に吸収に評判の良い製品を探していました。そのサプリは私にはとても合っており、立ち仕事でフラフラになってしまうことがよくあったのですが、サプリを飲み続けているととても調子が良くなりました。鉄分は食事からは摂りにくいので、サプリの存在に助けられています。毎日飲み続けると効果的です。

飲みやすい製品を探せば毎日利用できる

私は薬を飲み込むのがとても苦手だったのですが、鉄欠乏性貧血を改善するためにもサプリは必要な状況でした。しかし、どうしても飲み込むのが大変でした。粒が小さな鉄分サプリに変えたことで、飲み込みやすくなり、毎日利用できるようになりました。鉄分は毎日1mg身体から失われ続けるので、鉄分サプリは毎日飲まなければなりません。飲みやすいサプリがあることで、鉄分吸収が可能になりました。

鉄分と共に配合されている成分もチェック

サプリを使って鉄分を摂取しようとすると、毎日飲み続けることになります。そうなると出費もかかりますので、私はできるだけ「飲んで得するサプリ」を購入したいと思いました。そこで、サプリに配合されている成分に着目してみたんです。鉄分と一緒に吸収すると良い成分としては、ビタミンCがあると聞いたので、ビタミンCが配合されている製品を選びました。すると毎月辛かった生理も改善したのです。

貧血を放置している人は要注意

鉄欠乏性貧血は特に女性には気をつけてほしい病気です。しかし、治療しないで放置してしまう人も多いです。この状況を改善するためには、鉄分の重要性と治療すべき理由について知ることが大事だといえます。サプリなどを活用すれば、体調を改善に導けるでしょう。

貧血の発見から病院で治療する流れ

貧血レベルを確認

貧血になると、普段とは違う症状が体にあらわれます。その症状の項目がいくつ当てはまるかをチェックすると、治療が必要かどうかを判断できるでしょう。代表的な症状としては「立ちくらみ」「顔色が悪い」「動機・息切れ」「疲れやすい」「イライラ」などがあります。いずれにおいても症状に当てはまる項目があれば、病院の受診を検討しましょう。

医療機関の選定

鉄欠乏性貧血の場合、一番悩ましいのが「どの医療機関に通えばいいか」でしょう。基本的に消化器官系の弊害で貧血が起こる可能性が高いことから、内科を受診するのが最適であると言われています。ただし、お近くの病院に血液内科があれば、血液全般の診療や治療に関する相談ができるようになっているので探してみましょう。

検査を受ける

的確な治療をするためにも、検査をしていくことになります。問診で鉄欠乏性貧血の症状が出ているかどうかを聞き、併せて血液検査も行なわれます。検査項目では赤血球の量とヘモグロビン量も調べることになります。最近では血清フェリチンも項目に含んでいるところも多く、貯蔵鉄が十分にあるかどうかも精密に調べられます。今後のためにも正常値などは覚えておきましょう。

鉄剤の投与

ヘモグロビン量は男性では13.0~16.6g/dlで、女性は11.4~14.6g/dlです。フェリチンはng/mlの数値で計測され、男性20~200、女性は10~90が正常値となっています。それ以下だと治療のために鉄剤の内服をしてもらうことになります。理想的な治療目処として、鉄剤内服から2週間で網赤血球が増えること、半年以内でフェリチンが正常な値にまで回復することです。

安静に過ごす

少なくとも半年は治療のためにかかることを覚えておきましょう。鉄剤の内服でうまく赤血球が作られず、ヘモグロビンも増えなかったのであれば、注射も検討されます。滅多にないことですが、鉄欠乏性貧血の治療をするために入院が求められることもあります。これは心不全を起こしている場合です。重篤な病状であるため、安静が求められるのです。

身体を正常に戻すための参考資料

詳しい症状を調べる

貧血になってしまったときにすぐに気付くことができるように、鉄欠乏性貧血になったときの症状を知ることが第一歩です。実際に分かりやすい症状から分かりにくい症状もあるので隠れ鉄欠乏性貧血の可能性もあります。最悪な症状が起こる前に貧血対策をしましょう。

READ MORE

処方される鉄剤の種類

病院で処方されるのはどんな種類の鉄剤なのかが分かります。副作用のこともきちんと理解しておくことが大事でしょう。また、病院の治療に合わせて必要な栄養素を補うことにより、鉄欠乏性貧血の対策がさらに有効になります。

READ MORE

食事でも栄養補給

鉄欠乏性貧血の治療や予防のためにも、必要な鉄分を把握しましょう。特にヘム鉄や非ヘム鉄をバランスよく摂ることにより、貧血症状を緩和させることができます。単にその成分を多く含む食材を食べるだけでは効率よく吸収できないので賢く吸収できる方法を選ぶことが大切です。

READ MORE